FARMART 'SESSION'

TOMOO NAGAI
MUSIC VIDEO STREAMING

配信日時:11月29日(日)18:00 配信開始

視聴方法:下記リンク先から動画配信されます。開始時刻に合わせてご視聴いただくとチャットの利用が可能です。
https://youtu.be/dM_-63klBZA



 

世界の各地で、その場所で出会った素材から音を見つけ演奏している音楽家の永井朋生さん。

FARMARTのためだけに、スペシャルな音を奏でてくださいました。11月29日、FARMART公式YouTubeチャンネルで配信します。


この配信では、ドネーションシステムを導入しています。ご視聴になりましたら、ご支援をお願いいたします。

 

『永井朋生さんからのメッセージ』コロナ禍でスタジオにこもる事が多くなった2020年、改めて地元に向き合う機会をいただき、「多摩産材」の木と出会いました。その木の響きから生まれた音を少しだけお届けします。ちなみに今回演奏した中で、おりん以外の楽器はすべて自分の手によるもの。 世界を演奏して回る中で出会った音、素材から音楽、楽器を生み出して活動しているパーカッショニストです。

永井朋生
パーカッション、ドラム、作曲

1975年静岡生まれ。東京芸術大学大学院修了。 世界各地で出会った素材から音を見つけ、自ら楽器から制作。独自のコンセプトに基づいて、ソロやバンドでライブ活動および、作曲を行なっている。 フランスの音楽家とのバンド「LULI」やコンテンポラリーJAZZのバンド「HUES」、などのセッションに参加する傍ら、 ブラジルのテアトルユバ、静岡SPACや劇団ひまわりの舞台音楽、映画「ほとく」や「たまご」等の音楽を担当。NHKスペシャル「人類誕生」やテレビ番組「イアリー」、映画「世界でいちばんあかるい屋根」の音楽への参加など。 公共施設空間への作曲として、静岡県三保松原文化創造センター(みほしるべ)の館内音楽「オトノキ」、和歌山県白浜の南方熊楠記念館、館内音楽「南方熊楠音楽」、同県JRきのくに線の31駅のホームの音楽「Sounds for 31 Stations」、東京都天王洲アイル セントラルタワービル内の音楽「Sounds for TENNOZ CENTRAL TOWER」を制作している。 インドネシア、ブラジルサンパウロ、フランス、モロッコ、アイスランド、リトアニアなどの国外ツアーも多く、フランスC.C.F.J.Tよりソロアルバム「514Pictures」、その他アルバム多数発表。 2016年、「幾何学の森、アートワークからスタジオセットへ」の共同企画のサウンドデザインとして「グッドデザイン賞」受賞。 2017年、NHK World “ Journey to Honor Victims”にて活動を番組化される。


 

BGMはこちらから一部ご視聴いただけます。

https://miho-no-matsubara.jp/center